タウンワークで求人掲載

求人募集を行う際に、株式会社リクルートが運営している「タウンワーク」を思い浮かべる方も多いことでしょう。しかし、「CMは見たことがあるけど、詳しくは知らない」「タウンワークはフリーペーパーだけしか知らない」といった方も少なくありません。

そこで今回は、さまざまな求人媒体と比較するためにも、「タウンワーク」の特徴や強み、具体的な掲載手順について紹介していきます。有効活用することで、自社の採用活動を大きくサポートしてくれるでしょう。

タウンワークの求人掲載の特徴

タウンワーク

画像引用元:タウンワーク

タウンワークは、フリーペーパーとネットの2つに掲載できる求人媒体です。ユーザーや掲載企業の傾向について解説していきます。

ユーザー層

タウンワークを利用しているユーザーは非常に幅広く存在しています。アルバイト・パート雇用を希望する大学生、主婦(夫)、シニア層のユーザーが多く、フリーターやミドル層も一定量存在しています。

アルバイトを志望するほぼ前世代から支持されているため、年齢や性別の偏りが少ないことが特徴です。

掲載企業

掲載している企業の傾向としては、アルバイト・パート採用を行う全業種です。特に、

  • 飲食
  • 販売
  • サービス
  • 介護
  • 医療系

の割合が多いことも特徴的です。

ただし、経験やスキル・資格のあるターゲットを採用するというよりも、未経験でも構わないという企業に向いています。

認知度・評判

タウンワークは、前世代の認知度No.1の媒体です。求人のフリーペーパーとして歴史が長いことやプロモーション活動の影響もあり、ブランド想起率もNo.1という影響力の高い媒体です。

紙面とネットの両掲載が可能な点も好評で、シーンによって使い分けられるところがポイントになります。

タウンワークの求人掲載のプラン

タウンワークの掲載プランを解説します。料金やサイズ・期間を把握しておきましょう。

掲載料金

掲載料金は、エリアや原稿サイズによります。たとえば、関東エリアであれば、最低価格1万9,000円から掲載が可能です。関西エリアであれば1万8,000円から掲載ができます。

以前は紙面とネットそれぞれ1週間ごとの申込しかできず、2週間・3週間掲載する場合も特別な割引はありませんでした(※医療施策や新規施策の適用をのぞく)。

しかし、近年のネットユーザーの増加を踏まえて「紙面+ネット」のセットプランが誕生しています。

プラン内容

・紙面1週間+ネット2週間もしくは4週間
・紙面2・3・4週間+ネット2・3・4週間(紙面とネットは期間連動)

紙面を重視しない顧客はネット長期掲載のプランを選び、紙面とネットをどちらも強化したい場合は連動しているプランを選ぶのがおすすめです。連動しているプランは毎週ネットの原稿も更新されるため、新着マークを毎週つけることができ、応募集客の後押しにもなります。

原稿サイズ

紙面の原稿サイズは次のとおりです。

サイズ大きさ特徴
A1名刺サイズの半分最も小さなサイズ。文字のみ
A2名刺サイズ3行のキャッチかロゴを載せることができる
A3フリーペーパーの1/6最大2枚写真を載せることができる
A4フリーペーパーの1/4最大3枚写真を載せることができる
A5フリーペーパーの1/3デザインやイラストを掲載することができる
A6フリーペーパーの1/2デザインやイラストを掲載することができる

A6サイズより大きなサイズとして1P、2P、裏表紙などもあります。紙面に掲載するときは視覚的に目立つのが大きなサイズ・デザインの入ったサイズになります。そのため、大きいサイズであればあるほど、求職者の目に留まりやすくなります。

紙面のサイズとネットのサイズはリンクしていません。ネットの原稿は、写真の掲載枚数が異なるものの、文字量はほぼ同じ量を入れることができます。紙面とネットの両方からの応募を獲得したいのであれば、コストとのバランスを踏まえて選ぶと良いでしょう。

掲載期間

タウンワークの紙面は毎週月曜の発刊になるため、1週間に一度の掲載です。掲載期間は1週間単位となります。

以前は1週間ごとに申込をするかまとめて申し込むしかありませんでしたが、「紙面+ネット」のセットプランができてからは2週間〜4週間まとめて掲載することができるようになりました。

これまで単発掲載が多かった企業も長期掲載がスタンダードになりつつあるため、掲載するときは期間も十分に確保することが重要です。

タウンワークで求人掲載する強み

では、タウンワークが持つ強みを3つ解説していきましょう。

タウンワークの強み

・紙面とネットの両掲載が可能
・Indeedとの連携が可能
・地方での採用活動にも強い

紙面とネットの両掲載が可能

1つ目は、紙面とネットの2媒体からアプローチできる点です。

ネットが主流の社会になりつつありますが、まだまだ紙面に親和性を感じる層は一定数います。そういった求職者を逃さないためにも、紙面への掲載は効果的です。

ネットの場合、ユーザーが求人を検索してクリックしてもらえないと認知してもらうことができません。紙面の場合、冊子を無造作にめくる中で偶然目に留まることもあります。そのため、お互いの弱点を補い合える仕様になっています。

Indeedとの連携が可能

2つ目は、Indeedのオプション機能がついているため、タウンワークと連携させることで露出を上げられる点です。

Indeedは、ユーザー数が日本で最も多い求人検索エンジンです。連携させることでタウンワークの応募集客をパワーアップさせてくれます。

Indeedのオプションは「アイプラス」という紙面に装着するものから、「Airワーク 採用管理」という採用ページ作成システムまで、安価な商品が多く用意されています。

地方での採用活動にも強い

3つ目は、都会だけではなく地方エリアの採用にも効果的な点です。

エリアによってはネット媒体がまだ浸透していないエリアや、ハローワークでの求人活動がメインのところもあります。そんな中でも、タウンワークは紙面がかなり広範囲まで設置されていることもあり、応募を集めやすい媒体となっています。

「ネットでは応募がないけど、紙面をみて電話をしてきた方が多かった」という話も地方では珍しくありません。首都圏の採用はネットを強化して行い、地方の採用は紙面を広範囲に掲載するなど、エリアによって戦略を変えることができます。

タウンワークへの掲載手順

では、タウンワークを掲載しようと思ったらどのような手順で進めていけば良いのでしょうか?最後に、タウンワークへの掲載手順について解説していきます。

掲載手順

・ステップ1:問い合わせをする
・ステップ2:営業担当と打ち合わせをする
・ステップ3:原稿確認をする
・ステップ4:掲載開始・応募受付をする

ステップ1:問い合わせをする

掲載を検討している段階で、タウンワークの窓口にメールか電話で問い合わせてみましょう。タウンワークの締め切りは毎週木曜日(窓口によって前後あり)で、月曜に掲載開始となります。

スケジュールが決まっている媒体なので、掲載したい期日を踏まえて早めに問い合わせておくと良いです。

ステップ2:営業担当と打ち合わせをする

打ち合わせ当日になったら、営業担当と打ち合わせを行いましょう。営業から案件について細かくヒアリングされます。採用背景や人数、緊急度などについて詳しく共有しましょう。

営業が企業にどこまで寄り添えるかは、採用を成功させる大きなポイントです。同じ目線で話をするためにも、企業側が自己開示をしていくことが重要です。

また、打ち合わせを通して営業から相場についての資料も見せてもらうと良いでしょう。平均時給や応募相場を知ることで、今回の案件がどの程度の難易度なのか把握することができます。募集案件とデータを比較しながらプランを決めていきましょう。

ステップ3:原稿確認をする

原稿は営業担当から送られてきます。完成原稿を見て、気が付いた部分があれば修正依頼をしてください。

依頼方法は、電話でもメールでもFAXでも構いません。しかし、FAXやメールであれば証拠も残るため、ミスを減らすことができます。

締め切りがある媒体のため、できれば早めに連絡してあげましょう。締め切りギリギリに修正の依頼をしてしまうと最終確認の時間を十分に取れず、誤字・脱字などのミスが発生しやすくなります。

ステップ4:掲載開始・応募受付をする

原稿が完成し、予定通り入稿作業が完了したら、翌週の月曜から掲載開始となります。応募者対応は企業が行うため、スピードを大切にしつつ丁寧に進めていきましょう。

応募者対応のコツについても営業に相談すればアドバイスをしてくれます。重要なことには次のものがあります。

  • 半日以上放置しないこと
  • メールだけではなく電話も活用して連絡すること
  • 日時設定は候補日を企業からあげて、応募者に選択してもらうこと

他社よりも早い対応で、最短の面接日を獲得しましょう。

まとめ

タウンワークは急な欠員が出たときの補充から、事業拡大の増員まで貴社の採用活動を幅広く支援してくれます。タウンワークの強みを活かして良い人材との出会いにつなげましょう。

応募が集まってきたら、応募者対応が煩雑になっていくことがあります。漏れなく対応を進めていくためにシステムを導入するのもおすすめです。

当社ディップ株式会社が提供する「HRコボットfor応募対応」なら、次のような機能を活用することができます。

HRコボットfor応募対応
HRコボットfor応募対応の特徴

・複数求人からの応募者を一元管理
・応募者への自動対応(24時間365日即時対応)
・SMSの活用でコンタクト率大幅アップ
・チャットボットで事前アンケートを回収
・面談日時の自動設定
・Web面談で非接触面談可能

面接率を高め、応募者の連絡漏れを一気に減らすことが可能です。

また、採用活動だけではなく人材の管理が必要な派遣会社は、同じく当社ディップ株式会社が提供している「jobs」も一緒に導入してみてください。

jobs

jobsは中小のための派遣会社専用システムで、月々3万5,000円で利用可能です。主な機能は次のとおりです。

jobsの特徴

・派遣の案件管理、スタッフ管理
・アサイン(引き当て)
・契約書管理
・勤怠、給与、請求

HRコボットfor応募対応」との連携が可能なため、応募から稼働までのスピードをあげることができます。

サポート体制も整っているので、移行もスムーズに進められます。これを機に、ぜひ2つのシステムについて検討してみてください。少しでもご興味をお持ちの方は、お気軽に当社ディップ株式会社までお問い合わせください。